モドル

『エニグマは○ゾだ!』
エニグマのセリフ図書館

ここにはジョジョの数あるセリフの中で自分が気に入ったものなんかを中心にかいてます。
各セリフの下のコメントみたいなのは適当に書いてるんであんまり気にせず見てください。


第1部   第2部   第3部     第4部未完成      第5部
第1部『ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!』編

「知らない子だがぼくには戦う理由があるッ」
エリナが人形を取られて困っているときにジョナサンが人形をとった連中に向かって言った言葉。正義感の強いジョナサンの性格をあらわしています。

「なっ!何をするだァーーーーッ ゆるさんッ!」
ディオがはじめてジョースター家にきたとき、ジョナサンの犬(ダニー)をいきなり蹴ったことに対するジョナサンの怒りのセリフ。「何をするだァー」とはなんかへんだ。あまりにも怒っていたのでこんな言葉になったんだろうか。

「ぼくはナンバー1が好きだ ナンバー1だ!誰だろうとぼくの前でイバらせはしないッ!」
ジョナサンがディオのかばんを運んであげようとしたときにディオがジョナサンに言った言葉。これはディオの性格をよくあらわしているといえる。ちなみにナンバー2が好きなのはホルホース。

「ぼくは犬が嫌いだ!怖いんじゃあない 人間にへーこらする態度に虫酸が走るのだ!」
ディオがジョナサンに対していった言葉。うーむ・・ なんかよくわからん理由ですね。そんなことは考えたこと無いですが・・・

「まあ!ジョジョったらいけないひとッ!」
ジョナサンが木にあいあいがさ(?)を彫ってそれを見たときのエリナのセリフ。この「いけないひとッ」というのがなんか時代を感じさせるようだ・・・

「ズキュウウウン」
ディオがエリナの唇を奪ったときの擬音。セリフじゃないけどなんかすごいので入れときました。この時僕は小学生でしたが、この擬音にかなりの衝撃を受けたのを覚えています。

「すっごぉーーーいッ」
大学のラグビーの試合のときにジョナサンが3人にタックルされたまま突進を続けていたことへのアナウンサー(?)のセリフ。このラグビーのときのジョジョの走り方は「ジョジョ走り」として結構有名でした。(自分たちの間では)

「誰だって聞きたそうな顔してるんで自己紹介させてもらうがよ」「おれぁおせっかい焼きのスピードワゴン!」
ディオに向かってスピードワゴンが言ったセリフ。この後の部でも出てくるスピードワゴンもまだまだ若いです。さすが「おせっかい焼きのスピードワゴン」だけあってどの部でもかなりお世話をしてくれてます。

「いやウソではない・・・この指輪は彼にあげたものだ」
ダリオ・ブランドー(ディオの父親)がジョースター卿の指輪をとった罪で刑務所にいるとき、ジョースター卿が警察官に言った言葉。ダリオはこの言葉によって流島の刑を免れたが、第2部でもジョセフが似たようなセリフを言っている。(スモーキーのとき)

「貧弱!貧弱ゥ!」
ディオが吸血鬼になってから、ジョナサンと屋敷の中で闘ったときに言った言葉。これはもうかなり有名でしょう。結構流行ったんじゃないでしょうか。

「似てるって誰に?」「エリナ・ペンデルトンに?」
ジョナサンが火傷で入院してて、目を覚ましたとき看病してたエリナが言った言葉。この時エリナは付きっ切りで看病していたのだが、「ジョジョ」の中でこの1部が唯一、ラブコメ的な要素を持っていた部で、エリナの重要度は結構高かったように思います。

「勇気とは怖さを知ることッ!恐怖を我が物とすることじゃあッ!」
切り裂きジャックと闘っているときのツェペリのセリフ。このセリフはいいセリフなんだけど、ツェペリもなんか変な言葉を使います。(「あんさん」とか)座ったままのジャンプはなかなかイカしますね。

「人間賛歌は勇気の賛歌ッ!!人間のすばらしさは勇気のすばらしさ!!」
これも切り裂きジャックと闘ってるときのツェペリの言葉。これはなんか「ジョジョ」全体のテーマになってますね。

「ふるえるぞハート!」「燃えつきるほどヒーート!!」
切り裂きジャックと闘っているときのジョナサンのセリフ。これも結構流行りました。ジョナサンの名ゼリフですね。これの応用編も結構出ます。

「ちょいとミスった 指がスベっちゃった いやごめん!スマナイ スピードワゴンくん」
スピードワゴンが「波紋を使えるようにしてくれ」といって、ツェペリが横隔膜を殴って(?)一時的に使えるようにしようとして、失敗したときのセリフ。なかなかお茶目。この後スピードワゴンはめちゃくちゃ苦しんでます。

「おまえは今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」
ツェペリに「何人の命を吸い取ったか」といわれたディオがこたえていった言葉。ツェペリは激怒するが、ディオって本当に悪人ですねえ。

「波紋?呼吸法だと?フーフー吹くなら・・・」「このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ」
ツェペリ、ジョナサンの波紋がディオに効かなかったときの(気化冷凍法)ディオのセリフ。これ見たときは笑いました。ジョジョって闘ってる最中のセリフもけっこうおもしろいですね。

「おれも世界中を旅した!極寒地に住むエスキモーはよお!凍傷にかかったとき!アザラシの肉の体内に入って治していたぜ!」
ツェペリの腕がディオによって凍ったときに、スピードワゴンが言った言葉。この後、スピードワゴンは自分の体でツェペリの腕をとかします。役立たずのように思われていたこのスピードワゴンの行動に感動した人も多いのでは?

「左手にためる!炎の波紋ッーっ!!」「緋色の波紋疾走ゥ!!」
腕に絡み付いたブラフォードの髪の毛を焼き切るために、ジョナサンが使った波紋。この「・・・の波紋疾走」ってよくでるけど、何か性質とか違うんでしょうか?

「水中のための青緑波紋疾走ーッ!!」
ジョナサンがブラフォードと闘ったときに水中で波紋を使ったときのセリフ。これ、プールとかでやりませんでしたか?(水面を歩くやつとかも)

「銀色の波紋疾走!」
ブラフォードの剣を伝わって、波紋を流したときのジョナサンのセリフ。ちなみに上の「青緑色の・・・」は「ターコイズブルーオーバードライブ」、「緋色の・・・」は「スカーレット」、「銀色の・・・」は「メタルシルバー」です。

「山吹き色の波紋疾走!!」
ジョナサンがブラフォードにとどめを刺したときのセリフ。「サンライトイエローオーバードライブ」です。ブラフォード戦ではいろんな波紋使ってますね。

「生命磁気への波紋疾走ッ!」
タルカスから逃げるときに、葉っぱを波紋でくっつけたときのセリフ。このでっかい葉っぱで飛んでるとこを見ると、となりのトトロを連想してしまいます。

「古からの死臭ただよう密室で・・・幼子が門をひらくとき!鎖でつながれた若き獅子を未来へ解き放つため!おのが自身はその傷を燃やし!しかるのちに残酷な死を迎えるであろう。」
ツェペリの師、トンペティがツェペリの未来を予言した言葉。このあとツェペリは予言どおりに体が真っ二つになって死んでいくことになります。かなりショッキングな死に方だったのを覚えています。でもなんかこの予言、キン肉マンにでてきた予言っぽいですね。

「やれやれだ ディオの悪趣味に付き合っている時間はない・・・・・・」
怪人ドゥービー(体にヘビを飼ってるやつ)に会ったときのジョナサンのセリフ。ジョナサンも「やれやれ」を言っていた?(そりゃ1回ぐらいは言うか・・・)

「このストレイツォ容赦せん!」
ストレイツォがディオの屋敷でゾンビたち相手に言ったセリフ。ストレイツォファンの女性の方も多いんじゃないでしょうか。ちなみに第2部ではジョセフに「ストレイツォ容赦せん!」と言われます。

「これできさまも我が夜のしもべとなるんだーッ」
ディオがジョナサンの首に指を突き刺してゾンビにしようとしてるときのセリフ。「夜のしもべ」・・・ なんかあやしい・・・

「ああ!う・・・美しすぎます!見ず知らずの女性の赤ちゃんを救って非難しろとおっしゃるの?」
ジョナサンとエリナの新婚旅行の途中の船の中でディオに教われて船を燃やしたとき、ジョナサンが赤ちゃんを連れて生きろといったことに対する、エリナのセリフ。この時の赤ちゃんがリサリサなんだけど、リサリサのお母さんもでてきてます。

・・・ここまでで第1部のセリフ集は終わりです。最後まで見てくれてありがとうございました。
上の方に戻る

意見や感想、リンクの希望などがある方はmousou@xtr.jpにどうぞ
.